☆中々更新出来なくてごめんなさい・・・。毎日暑いですが熱中症等には十分気をつけて下さいね☆

[知らないと損!医療費の節約術☆] by はなまるトドのぽっかぽか生活
食費1ヶ月1万円で生活していた経験を基に更なる節約生活に励んでます!                 光熱費を抑える節約術や、美味しい物、お得情報etc...                                  簡単レシピやテレビ等で学んだ料理のコツも紹介しちゃいます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らないと損!医療費の節約術☆
2006年06月27日 (火) | 編集 |
知っていると知らないとで大きな差が!
昨日の『はなまるマーケット』の特集は医療費節約術!

簡単にまとめると・・・
①ベッド数が200以上の大病院は初診料の他に特定診療費が
 プラスされる。
②診療時間外の診療費は割高!
③CMで話題のジェネリック医薬品だと同じ成分、同じ効き目で
 5~8割安い
④毎日飲むお薬は、一度に出来るだけ多くもらうとお得
⑤入院等により一ヶ月に支払う医療費が自己限度額を超えた場合は
 払い戻される
詳しくは、『はなまるマーケット』のHPにありますが、どれも知らなければ損!

③のジェネリック医薬品に関しては先日新聞の投稿で読んだのですが、
ジェネリックに変更可能という医師の処方箋が必ず必要ということと、
お医者様に処方箋を書いてもらえたとしても、薬局に置いてなければ
もらえない・・・在庫の問題とかでジェネリック医薬品を揃えている
所は少ないようなお話でした。

⑤に関しては、これは本当に知っておくべきです!高額療養費制度といって、年齢や所得によって自己負担額が決まり、その額を超えると
お金が戻ってくる制度。
自動的に払い戻してくれる保険組合もありますが、自己申告の所が
多いそうなので万が一高額な医療費を払った時は、各社会保険事務所
または健康保険組合に問い合わせてみることが必要です。

ちなみに、私の経験から・・・この制度を更にお得に利用するには、
(あくまでも数週間の入院の場合ですが)
出来るだけ二月にまたがらないように入院する

例えば、6月1日から20日まで入院して手術と入院代で20万円
かかったとして自己負担額が8万の場合12万円が払い戻されますが、
同じ20日の入院でも5月22日から6月10日の入院で
二月の医療費がそれぞれ10万円の場合、
5、6月それぞれ10万円から8万円を引いた2万円ずつ・・・
つまり合計4万円しか戻ってこないのです

もちろん、急な入院とかなら無理な話ですが、
前もって入院の日を決めれる場合は出来るだけ月初めに入院すると
お得ということです


「FC2」と「人気blogランキング」にも参加してみました♪
よかったらポチッ、ポチッとお願いします

人気blogランキングへ




テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。